かつては大塚家具から一人で何百万円も買うのは普通だった

親子喧嘩の末に会社の主導権を握ったものの、家具家姫はやはり世間知らずだったのか?倒産まであと一歩のところから最近一応盛り返しつつある大塚家具ですが、高級家具店のままでよかったのに下手にニトリやイケヤの真似をすからいけなかったとしか思えません。

堅実な零細企業のままで十分だったのではないでしょうか。

廉価販売したければ大塚家具は高級のままで、子会社でも設立してその子会社がニトリ並みのバーゲンセール価格で暫く様子を見てもよかったのでは?

多少赤字でも大塚家具の高級路線は存続させ赤字の最大要因ともいえる余剰な人員を子会社の安売り店へ移動させる等すれば、高級路線の大塚家具と安売り店は両立できたようにも思えます。

最近喧嘩別れした父親と和解し呼び戻す話がでていますがそれは会社のイメージを良くする為にも必要なことでしょう。

誰が新築した家にお家騒動があるような店の家具を買って入れようと思うでしょうか? すごく縁起悪そうに思えます。

なので大塚家具は親父が戻りかつての高級感のある良いイメージをとり戻せれば復活する可能性もアリだと思いますが、いずれは外国人の社長を迎えることになりそう。即日融資キャッシング