三浦しをんさんの小説「愛なき世界」を読みました。

洋食屋で働く料理人である藤丸が恋をしたのは、植物学の研究者をめざす大学院生の本村さん。彼女を通して植物の研究という未知の世界を垣間見た藤丸の、新鮮な驚きが生き生きとしたタッチで描かれています。

地味でおとなしいけれど黙々と作業に取り組むのが得意で真面目な性格の本村さんが、なんだか自分とかぶって見えてきてとっても親近感がわきました。研究者になりたいと憧れた子ども時代を思い出し、懐かしい気持ちになります。当たり前ですが、研究職というのは大変に厳しい世界なのですね。特にお金に結び付きにくいジャンルの研究は職業として成り立たせるのも難しいでしょうし、苦労が絶えないんだろうなぁと想像します。松田教授やサボテン愛にあふれる加藤くんなど、オタク的な熱心さで人生を研究に捧げる登場人物たちはみんな愛すべきキャラクターでしたし、その生き方には頭が下がります。

上手くいかない恋愛と研究のはざまで揺れる岩間さんを見て、どんな道を選んでも色々あるのだなぁと思いました。本村さんのような女子に惹かれる藤丸の善良ぶりにも温かい気持ちになった一冊でした。医療脱毛 顔 回数